明治三十年、一宮より有松に移り住み張正という屋号で布張りの仕事を経て有松絞りにたづさわるようになりました。昔ながらのの技法を基に創り出す商品により多くの方に出会って頂けたら幸いです。